日常の疑問をピンポイントで解決

丸くて透明な氷を100均にあるものから作ってみた!!自作製氷機VS氷さくどこまで近づけるか!

2019/11/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、いい年こいたすー太郎です。 よろしくおねがいします!

こんにちは!

前回、「氷さく」を使用して丸くて透明な氷を作りました。

 

詳細はこちら→丸くて透明な氷を自宅で簡単に作る方法まとめ!最終的に氷さくで作るに行き着きました!

 

そこで今回は、自作製氷機をできるだけ100均でそろえて作ってみましたので、参考に出来たらと思います。

前回の「丸くて透明な氷を作る」でいくつかの条件がありましたので、もう一度おさらいします。

①不純物を取り除く

②ゆっくり凍らせる

③上から凍らせる

この条件が全て詰まっているのが、「氷さく」です。

この「氷さく」買うとうん千円もします!

実際ワタクシも買いました!!

その透明さに感動しました!!!

うん千円出してまで丸くて透明な氷がほしいかと言われれば、正直ほしいです。

ですが、今流行りのDIYでは無いですけど、自作製氷機は作れないかと思い始めました!

 

自作製氷機の作り方

いざ100均へ!!

下の3つの選抜が選ばれました。

①丸くする部分(左)

②不純物を下へ移動させる部分(中)

③ゆっくり凍らせる部分(右)

どうしても丸い容器がありませんでしたので、ちまたで丸い氷が作れるとうたっている容器(なんちゃって製氷機)を

泣く泣く採用しました。(もともと自分で使用してたヤツでした。500円もしないで買えると思います)

組み立て!!

なんちゃって製氷機をブルーのコップに入れます。←コレがスーパージャストフィットするように!!

さらにブルーのコップを透明な容器に入れます。

その前に、なんちゃって製氷機の下に穴を空けます。

理由は、不純物を下へ通す穴です。

 

ひと通りキレイに洗いましていざ着水式!!

ブルーのコップに水道水をなみなみ入れます。

なんちゃって製氷機の下の部分をブルーのコップに入れます。

さらになんちゃって製氷機の上部分をゆっくり着水させます。

透明な容器にブルーのコップを入れたらフタをして冷凍庫へ・・・

 

自作製氷機を冷凍庫に入れる

自作製氷機を冷凍庫に入れてから約1日待ちます。

フタを開けて凍っている周りの氷を水道水で溶かしながらなんちゃって製氷機を取り出します。

さらに下に付いている氷も溶かしながら取り出したのがこちら

取り出した氷がこちら↓

 

ん?一部透明で白い部分が少しある!!

穴ぼこも空いてるしww

もう少しゆっくり凍らせる方法を考えました。

 

周りに〇〇を巻く!!

周りにプチプチを巻く!!

あれ?たいして変わらない!?

もっとゆっくり凍らせよう!!

 

もっと〇〇&もっと〇〇!!

もっとゆっくり凍らすため 保冷カバーのねずみさんを加工(ちょん切って)して透明な容器に装着!

更にプチプチも厚めに巻きました。ちょうどいい柄でした*

下をなるべく平らにしてテープで止めて完成!!

いざ尋常に!

アレ?同じ?

でも気泡がなくなり透明度は格段に上がってきた!!

 

もっと〇〇を下へ

なんちゃって製氷機の下の部分の穴を大きくしてみました。

穴の大きさ約6mm

よりもっと不純物を下へ行きやすくするために!!

これでどうよ!!!

比べるために、氷さくも同時に・・・(上が氷さく・下が自作製氷機)

 

キター!!

↑左側が氷さく、右が自作

右の自作製氷機に若干の空気が入ってます。不純物はない。

左の氷さくは空気も不純物もないのはさすが!

左が氷さく・右が自作)↑

氷さくの方が大きい!?

↑拡大左が氷さく・右が自作)

 

大きさは違いますが、透明度は引けを取らない!!

 

わが自作製氷機に一片の濁りなし!!   (笑)

 

自作製氷機のまとめ

失敗に失敗を重ねて出来た、マイ氷さん!!

なんか子供を育てている親の気持ち・・・

大きく育ってきてありがとう。

そして美味しくいただきます。

ロックでね^_^

 

結果は、自作製氷機で限りなく透明で丸い氷が出来ました。

氷さくにも負けない透明度に仕上がりましたので、ドローとしときます。

金額的には、圧倒的に自作が勝利!!

氷さくの方が大きく、自作製氷機の方はやや小さめになりました。

使うグラスによって使い分け出来ますね!!

もちろん大きい氷の方が見た目にも、氷の溶ける時間も長持ちします。

 

自作製氷機の作成にかかった費用

なんちゃって製氷機(0円)本来は500円くらい!?

ブルーのコップ(100円3個入り)

透明の容器フタ付き600ml(100円)

プチプチ(0円自宅に転がってた)無い人は100円

ねずみさんの保冷カバー(0円貰い物)本来は100円

 

最高でも、900円で作れます。

ワタクシの場合、もともと持っていたのを除けば

ブルーのコップ(100円3個入り)と透明の容器フタ付き600ml(100円)

の2つ、200円で出来てしまいました。

 

みなさんも作ってみてはいかがでしょうか!!

 

関連記事

詳細はこちら→丸くて透明な氷を自宅で簡単に作る方法まとめ!最終的に氷さくで作るに行き着きました!

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、いい年こいたすー太郎です。 よろしくおねがいします!

Comment

  1. より:

    画像が載って無いです

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アレコレソレコレわんわん , 2019 All Rights Reserved.